Graham Bread
b0060258_1435646.jpg

今日のBrunchにこんなん焼きましたぁ。
パン職人のお友達から教えてもらった
低温発酵のグラハムブレッドです。
最初の段階で冷蔵庫に入れて
一晩発酵させるので
作り始めから実際に食べるまでは
約一日 時間がかかります。
すぐ食べたい!すぐ必要!って時には
むきませんが、明日のお昼に~ とか
お友達が来てから焼きたてを~
という時には 焼くタイミングや
食べる時間も計れるし、なんといっても
手間いらずでいいですヨ。 

昨晩は彼とDVD鑑賞中に一人で
ペッタンペッタンやっとりました。

で、焼き上がりがこの上の写真です。(^-^*)
素朴な味わいで雑穀の甘さがほんのりと。重たい感じに焼き上がりました。
「焼きたてよりも二日目の方が締まっておいしい」との事でしたが
焼き立てをハフハフ言いながら食べるのもやっぱり最高でひたョ。(≧~≦)ハフハフ





 
何年も前に頂いたこのレシピなのですが、何回か作っているうちに
私好みの、私の作りやすいように変形していき、
元はちゃんとしたベーカリーで売られてるパンのレシピなのにもかかわらず
(大変恐れ多くも m(≧_≦;)mガバ!)ちょこっと改良させて頂きました。

b0060258_1442157.jpgGraham Bread

■材料■
・全粒粉・・・100g
(全粒粉=Wholemeal flour/グラハムフラワー)
・強力粉・・・150g
・塩・・・5g
・砂糖・・・20g
・ドライイースト・・・5g
・ぬるま湯・・・120~150cc
(お湯の温度は32度ぐらい。工程①で捏ねながら量を調節。
水分が多い方が軽いかんじに仕上がります。)


■作り方■
①ボウルに材料を全て合わせて15分ぐらい練る。コネコネ~

②生地がまとまってきたらビニール袋に入れて袋の口をしばるか、
輪ゴムなどで封をして冷蔵庫で一晩発酵させる。(16~24時間)

初日はここまでー☆

③一晩ねかせた生地を袋から取り出し、小さめ(60gぐらい)に分割して丸め、
15~20度ぐらいの所で少しふっくらするまで置いておく。(2~3時間)

④それぞれを丸め直して、25度ぐらいの所で約1時間二次発酵させる。
(1.5~2倍の大きさになるのでくっつかないように幅をあけて置いて下さい。)

私は③&④の時、固くしぼったフキンをまるめた生地の上にのせて乾燥を防ぎました。

⑤上に切れ目を入れたり、ミルクをハケで塗ったり、小麦粉をふりかけたり お好みで。
190度のオーブンで10分、210度のオーブンで5分焼いて、ハイ!でっきあがりぃ~♪


これが基本の低温発酵グラハムブレッドです。
お好みでチーズやナッツ、オニオンスライスを入れたりしても美味しいですよ~。


[PR]
by koa_republic | 2005-07-14 14:03 | Glutton-食&飲
<< ここ最近・・・ Google Earth >>



I am glad to see you.
カテゴリ
*profile
*Blog Links
つぶやき
つぶやき@JPN
Glutton-食&飲
いろいろWebsite
Petit Choice
Screen Scene
Fasting Diet
更新履歴
BLOG BATON
Notes:
本館の方へも
是非お立ち寄り下さい。

・メインサイト
【KoA*Republic】
(お休み中)
・素材サイト
【KoA*Image】




Caution:
Excite Blog以外からの
トラックバックは、送信元の
記事にこのブログへの
リンクが存在しない場合は
TBを受け付けできません。

最新のトラックバック
アボカド納豆そば。
from さっぴょこ箱。
見~つけた。
from 海外で暮らす
「AVOC」その後。(弐)
from KoA*Style
AFC・・・欠席。(涙
from つ ぶ や き @NZL
Our favorite..
from 海外で暮らす
タグ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧